障がい者福祉の今・・・。in-Japan


「しょうがい」の表記が2通りある理由

「障害」「障がい」の表記を巡ってもさまざまな議論があります。「障害」の「がい」という字は、もともとは「碍」でしたが、戦後の当用漢字の整理のなかで「碍」が外れたため、「害」が当てられました。ただこの字は「害する」「害されている」といったマイナスのイメージがあり、当事者のなかには不快に感じる人もいます。
そうした当事者団体02からの要望もあり、自治体のなかには「害」を平仮名にし「障がい」と表記するところも多いのです。
また各自治体の表記の仕方で、その地域の事業者も「害」か「がい」かを選択することがあったり、個人的な考え方で使い分けている場合があります。


【福祉とは?】
「福祉
」とは、<法律や制度の問題とは切っても切れない縁で結ばれています。なぜなら福祉という言葉を辞書で引くと「等しくもたらされるべき幸福」といった意味があり、それを実現するには国や自治体が整える法律や制度が関係してくる。

「しょうがいの表記が2通りある理由
「障害」と「障がい」の表記を巡ってもさまざまな議論があります。
「障害」の「がい」という字は、もともとは「碍」でしたが、戦後の当用漢字の整理のなかで「碍」が外れたため、「害」が当てられました。
ただこの字は「害する」「害されている」といったマイナスのイメージがあり、当事者のなかには不快に感じる人もいます。
そうした当事者団体02からの要望もあり、自治体のなかには「害」を平仮名にし「障がい」と表記するところも多いのです。
また各自治体の表記の仕方で、その地域の事業者も「害」か「がい」かを選択することがあったり、個人的な考え方で使い分けている場合があります。


☆障害者にまつわる法と制度が激変した10年世界の条約をもとに、日本の整備も進みました!!

この10年、障害者にまつわる法律や制度はめまぐるしく変化しました。

この障害者福祉業界の動きにそって、制度や法律、さまざまな言葉を紹介したいと思います。


なぜこの10年かというと、2006年に国連総会で「障害者権利条約」が採択さいたくされたことが大


きな出来事としてあります。



これは、障害者の尊厳そんげんと権利を保障するための条約で、翌年日本も署名しました。



ただ、すぐに条約を結ぶことはできませんでした。


障害者の労働や教育、アクセシビリティ01などあらゆる面で国内の法令が条約の求める水準に


達していなかったからです。




その後、
「障害者基本法」の改正(2011年)、「障害者総合

支援法」
の成立(2012年)「障害者差別解消法」の成立、「障害者雇用促進法」の改正


(2013年)など法令の整備を行い、2014年に日本は障害者権利条約を締結しました。


法のなかに位置付けられた“配慮”


障害者総合支援法と同じ時期、2016年に施行された「障害者差別解

消法」
という法律があります。



これは「障害の有無によって分け隔てられることなく、相互に人格と個性を尊敬し合いながら、


共生する社会の実現に向け、障害を理由とする差別の解消を推進する」というものです。



これにより、行政、企業、学校など社会のさまざまな場所で「合理的配慮」の提供が求められて


います。


「合理的配慮」は、障害者権利条約で定義されたものです。障害のある人が日常や社会の中で


妨さまたげとなる社会的障壁しょうへきを取り除くため、状況に応じて行われる配慮のこと。



障害者総合支援法と同じ時期、2016年に施行された「障害者差別解消法」という法律があります。


これは「障害の有
無によって分け隔てられることなく、相互に人格と個性を尊重し合いながら


共生する社会の実現に向け、障害を理由とする差別の解消を推進する」というものです。



これにより、行政、企業、学校など社会のさまざまな場所で「合理的配慮」の提供が求められています。



「合理的配慮」
障害者権利条約で定義されたものです。のある人が



日常や社会の中で妨げとなる障壁を取り除くため、状況に応じて行われる配慮のこと。



行政では義務付けられ、民間にはそうした考え方を持って配慮していきましょう・・・・・。



という努力義務があります。


最後に、障がいが有っても無くても、同じ人間である事を、忘れられないで、貰いたいのです。

国も法治国家で有る以上は、法を無視したら、罰則が必要です。

現状では法律は、罰則等無いのと
だぁ! 急いで罰則規定の強化お願い致します。

RitarnNexT