アメリカの障害者制度は、単純化されており、障害の定義は大きく三つに整理できる。

1.差別禁止

ReturnReturn☞Top

障害のあるアメリカ人法(Americans with Disabilities Act:ADA)、1973年リハビリテーション法503条、労働力開発法188条などで、障害者差別に着目した障害者の定義を使用している。これらの法律では、次のどれかに該当する場合に障害者

(1)個人の主要な生活活動の一つ以を実質的に制限する心身の機能障害がある場合。

(2)(1)の障害をもった経歴がある場合。

(3)(1)の障害をもつとみなされる場合。

概要

これは、障害による差別を禁止する適用範囲の広い公民権法の一つである。1964年の公民権法は、人種、肌の色、信仰、性別または出身国による差別を違法と規定するものであるが、障害者に対する差別に関する規定はなかった。ADAの成立により、障害者は1964年の公民権法により保護されていた者と同様に、差別からの保護を与えられたものと評価される。 ADA法は大きく4つの柱からなる。



雇用
一定の公的機関や15人以上の従業員を有する民間企業など、雇用時において身体や精神の障害を理由とする差別的取扱いを行うことを禁ずるもの。定義の第9項には
「合理的配慮」について、設備を利用可能なものにすること(A)、求職にあたっての介護機具の調整、訓練のための器具や政策の適切な調整と変更、資格を有した読み上げ人や通訳の配備(B)が規定されている。この項目は障害者権利条約第2条が定義する「合理的配慮」にも影響を与えた。

2008年に改正法が
アメリカ合衆国議会を通過し、2009年から施行されている。改正法においては、従来に比較し、障害者の範囲を拡大している。













スウェーデン福祉

TOP-Parge

TOP-Parge

TOP-Parge

TOP-Parge